photo
    (最終更新日:2021-03-31 11:01:07)
  トリゴエ シンゴ
  鳥越 信吾
   所属   十文字学園女子大学  社会情報デザイン学部 社会情報デザイン学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:理論社会学、時間の社会学、現象学、社会学史、知識社会学) 
■ 所属学会
1. 2016/04~ The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretative Social Science
2. 2014/02~ デュルケーム/デュルケーム学派研究会
3. 2013/10~ The Society for Phenomenology and the Human Sciences
4. 2013/06~ 日本社会学会
5. 2013/04~ 作田啓一・見田宗介研究会(立教大学:奥村隆代表)
全件表示(9件)
■ 学歴・学位
1. 2018/02/21
(学位取得)
慶應義塾大学大学院 博士(社会学)
2. 2012/04~2017/03 慶應義塾大学大学院 大学院社会学研究科 社会学専攻 後期博士課程 博士課程単位取得満期退学
3. 2010/04~2012/03 慶應義塾大学大学院 大学院社会学研究科 社会学専攻 修士課程 修士課程修了 修士(社会学)
4. 2005/04~2009/03 慶應義塾大学 文学部 人文社会学科社会学専攻 卒業
■ 職歴
1. 2020/04~ 十文字学園女子大学 社会情報デザイン学部 社会情報デザイン学科 専任講師
2. 2019/10~2020/03 東京家政大学 健康科学部看護学科 非常勤講師
3. 2019/04~2020/03 東京医療保健大学 千葉看護学部 非常勤講師
4. 2019/04~ 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
5. 2019/04~2020/03 慶應義塾大学 メディア・コミュニケーション研究所 非常勤講師
全件表示(20件)
■ 研究業績(著書・論文)
1. 2020/03 著書  『グローバル社会の変容』   (共著) 
2. 2019/06 その他  Handeln = Herstellen? Unterwegs zu einem postpoietischen Paradigma: Ein Tagungsbericht aus Sicht der Verantstalter Soziologie Blog  (共著) 
3. 2019/03 著書  知の社会学の可能性   (共著) 
4. 2019/03 その他  『「一億総活躍社会」実現に向けた総合的研究:就職氷河期世代の支援ニーズに関するグループ・インタビュー調査報告書』 国立社会保障・人口問題研究所、所内研究報告第82号 1-77頁 (単著) 
5. 2019 論文  近代的時間と社会学的認識 日仏社会学年報 30,17-34頁 (単著) 
全件表示(22件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2020/10/31 時間の社会学をたどり直す(日本社会学会)
2. 2019/11/09 On Waiting Experience: from a Schutzian Perspective(Past, present, and future of phenomenological, interpretative and hermeneutic sociology. A symposium for a partnership between Keio University and University of Vienna)
3. 2019/10/05 時間の社会学を振り返る(日本社会学会)
4. 2018/10/06 時間と生:エイジングを主題として(日仏社会学会シンポジウム)
5. 2018/01/31 The Sociology of Time in Japan(Gastvorträge in Institut für Ostasienwissenschaften, Duisburg-Essen Universität)
全件表示(18件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  「時間の社会学」の現代的創成―公理論化と学説・応用研究を総合した社会的時間の解明 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
2. 2016/04~2017/03  時間の社会学の現代的動向 慶応義塾大学大学院博士課程研究支援プログラム 
3. 2014/04~2016/03  社会学的時間論の展開-A.シュッツ学説を基礎として- 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 
4. 2013/04~2014/03  A.シュッツの時間論の展開と、その現代的意義の解明 慶應義塾大学大学院博士課程学生研究支援プログラム 
■ 受賞
1. 2014/06 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除 (採用)
2. 2012/06 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除 (採用)
3. 2012/04 慶應義塾大学 2012年度小泉信三記念大学院特別奨学金奨学生
■ 委員会・協会等
1. 2018/09~2020/08 日本社会学理論学会 編集委員会事務局幹事
2. 2016/01~2016/05 The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science 3rd Conference at Waseda University, local committee member
■ 科研費研究者番号
00839110
■ 地域連携・社会貢献
1. 研究
2. 活動
3. 学外の委員・講師等