photo
    (最終更新日:2021-04-23 11:13:10)
  ナリヤ ヒロフミ
  成谷 宏文
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
応用微生物学 (キーワード:病原細菌, 食中毒細菌, クロストリジウム, ウェルシュ菌, シグナル伝達系, プロテインキナーゼ, 溶菌酵素, エンドリシン) 
■ 所属学会
1. 2011/05~ The American Society For Microbiology (ASM)
2. 2007/04~ 日本細菌学会
3. 1992/04~ 日本農芸化学会
■ 学歴・学位
1. 1994/04~1997/03 東北大学大学院 農学研究科応用微生物学 農芸化学専攻, 博士 (農学)修了
■ 職歴
1. 2020/04~ 十文字学園女子大学 人間生活学部 食品開発学科 教授
2. 2016/10~2020/03 広島大学 大学院生物圏科学研究科, 食品衛生学 准教授
3. 2007/04~2016/09 香川大学 医学部, 分子微生物学 助教
4. 2007/02~2007/03 香川大学 医学部 助手
5. 2006/05~2007/01 Department of Biochemistry, UMDNJ-RWJMS, USA Adjunct Assistant Professor
全件表示(9件)
■ 研究業績(著書・論文)
1. 2021/04/13 論文  Vegetable-Derived Carbapenemase-Producing High-Risk Klebsiella pneumoniae ST15 and Acinetobacter baumannii ST2 Clones in Japan: Coexistence of bla NDM-1, bla OXA-66, bla OXA-72, and an AbaR4-Like Resistance Island in the Same Sample.Appl Environ Microbiol. 2021 Apr 13;87(9):e02166-20. doi: 10.1128/AEM.02166-20. Soliman AM, Nariya H, Tanaka D, Yu L, Hisatsune J, Kayama S, Kondo K, Sugai M, Shimamoto T, Shimamoto T.   (共著) 
2. 2021/03/29 論文  X-ray structures of Clostridium perfringens sortase C with C-terminal cell wall sorting motif of LPST demonstrate role of subsite for substrate-binding and structural variations of catalytic site. Biochem Biophys Res Commun. 2021 Mar 29;554:138-144. doi:
10.1016/j.bbrc.2021.03.106. Tamai E, Sekiya H, Nariya H, Katayama S, Kamitori S.   (共著) 
3. 2021/03/01 論文  A Putative Amidase Endolysin Encoded by Clostridium perfringens St13 Exhibits Specific Lytic Activity and Synergizes with the Muramidase Endolysin Psm. Antibiotics (Basel). 2021 Mar 1;10(3):245. doi: 10.3390/antibiotics10030245.Sekiya H, Okada M, Tamai E, Shimamoto T, Shimamoto T, Nariya H*.   (共著) 
4. 2021/02 論文  Genetic Characterization of Carbapenemase-Producing Enterobacter cloacae Complex and Pseudomonas aeruginosa of Food of Animal Origin from Egypt. Microb Drug Resist. 2021 Feb;27(2):196-203. doi: 10.1089/mdr.2019.0405. Sadek M, Soliman AM, Nariya H, Shimamoto T, Shimamoto T.   (共著) 
5. 2020/12 論文  Genetic characterisation of NDM-1 and NDM-5-producing Enterobacterales from retail chicken meat in Egypt. J Glob Antimicrob Resist. 2020 Dec;23:70-71. doi: 10.1016/j.jgar.2020.07.031. Sadek M, Poirel L, Nordmann P, Nariya H, Shimamoto T, Shimamoto T.   (共著) 
全件表示(66件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2021/03/23 Vibrio mimicus のレトロンの構造と水平伝播の可能性(第94回日本細菌学会総会(オンライン))
2. 2021/03/23 ウェルシュ菌の新規アラビノース誘導型発現系の開発(第94回日本細菌学会総会(オンライン))
3. 2021/03/23 ウェルシュ菌の溶菌酵素オートリシンの機能解析(第94回日本細菌学会総会(オンライン))
4. 2020/12/02 Analysis of retron expression in Vibrio cholerae using GusA reporter system(第43回日本分子生物学会年会(オンライン))
5. 2020/10/17 ウェルシュ菌の自己溶解酵素オートリシンの機能解析(第73回日本細菌学会中国・四国支部総会(徳島大学医学部))
全件表示(144件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  ウエルシュ菌真核型プロテインキナーゼによる形態形成調節機構の解明 科学研究費助成事業 基盤研究(C),基盤研究(C) 
2. 2018/04~2021/03  ウエルシュ菌溶菌酵素の種特異性機構の解明と応用研究 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
3. 2018/04~2021/03  逆転写酵素遺伝子を含むレトロンによるコレラ菌の病原性発現調節機構の解析 科学研究費助成事業 基盤研究(C),基盤研究(C) 
4. 2018~2020  ウエルシュ菌真核型プロテインキナーゼによる形態形成調節機構の解明 科学研究費助成事業(基盤研究(C)) 
5. 2015/04~2018/03  C.perfringens特異的溶菌酵素Psmの種特異性分子機構の解明とその応用 科学研究費助成事業 基盤研究(C),基盤研究(C) 
全件表示(13件)
■ 受賞
1. 2018/03 日本細菌学会 第91回日本細菌学会総会 優秀発表賞 (Biocontrol of Clostridium perfringens by using two types of specific endolysins)
2. 2017/03 日本細菌学会 第90回日本細菌学会総会 優秀発表賞 (コドン改変T7 RNA polymerase とキシロース取り込み系を導入した新奇ウェルシュ菌発現系の開発)
3. 1998/04 日本農芸化学会 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 (ブドウ球菌ロイコシジン及びγヘモリジンの構造と血球崩壊機構に関する研究)
■ 地域連携・社会貢献
1. 研究
2. 活動
3. 学外の委員・講師等