タカヤ カズナリ   Kazunari Takaya
  高谷 和成
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   特別任用教授
項目区分 実務の経験を有する者についての特記事項
期間 1995~
事項 医療・介護食事業(トロミ調整食品)
概要 トロミ調整食品の開発、製造、販売に携わる。  ・グァーガムをベースとしたトロミ調整食品を開発・上市(業界初)。  第一世代の澱粉をベースとしたトロミ調整食品を進化させた第二世代のグァーガムをベースとしたトロミ調整食品を開発・上市した。さらにグァーガムの欠点であった豆臭の除去に成功し特許出願し拡販。  特許出願「摂食補助用増粘剤」特開2001-169735  嚥下障害者用トロミ剤の原料グァーガムの欠点である豆臭の除去手段を提供し、摂食時に官能的な拒否反応の生じないトロミ剤を提供する。  ・キサンタンガムをベースとしたトロミ調整食品を開発・上市。  透明性、粘度発現性に優れた第三世代のキサンタンガムをベースとしたトロミ調整食品を東京ラボで開発、製造法を確立し上市。当時業界トップの品質と評価を得る。   書名「食感創造ハンドブック」サイエンスフォーラム社(2005 年発刊)の下記担当部分執筆。  (7) 医療食(介護食)の食感創造<高谷 和成>   1、介護食の市場・製品動向と食感の変遷   2、テクスチャーに関わる製品開発の実際   3、食感をめぐる課題と展望