クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2014/05
発表テーマ ラット肝臓におけるcytochrome P450(CYP)分子種の遺伝子発現へのアマチャヅルsweet tea vine(Gynostemma pentaphyllum)の影響
会議名 第68回日本栄養・食糧学会大会
主催者 日本栄養・食糧学会大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 北海道
発表者・共同発表者 Bui Thi,Ngoc Ha,倉若 美咲樹,佐々木 菜穂,山崎 優子,端田 寛子,志村 二三夫
概要 アマチャヅル(GP)茶は、ダンマラン系サポニンgypenosidesを含み、多彩な作用が示唆され、ベトナムで人気が高い。耐糖能改善効果が期待されている一方、医薬品等との相互作用は不明が多い。そこで食品添加物の安全性評価法を参考に動物試験の手法を用い、肝薬物代謝系への影響を検討した。GP投与により薬物代謝酵素CYP分子種の遺伝子発現に軽度な上昇が認められた。しかし、CYP分子種の強い誘導にともなう肝肥大は認められなかった。