クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2014/05
発表テーマ ラット肝臓・腎臓への影響に基づくハーブ素材butterburの安全性評価
会議名 第68回日本栄養・食糧学会大会
主催者 日本栄養・食糧学会大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 北海道
発表者・共同発表者 武久 公美,倉若 美咲樹,有田 安那,佐々木 菜穂,山崎 優子,端田 寛子,志村 二三夫
概要 butterbur(西洋フキ)製品(BB)は片頭痛に有効とされる一方、英国MHRAにより肝毒性との関連が指摘され、多面的な安全性評価を要する。そこでその一環として、BBのラット肝および腎への影響を検討した。その結果BB投与により肝の相対重量は対照群の1.1倍に増大し、肝薬物代謝系では、CYP2B1、CYP2B2、CYP3A1遺伝子の発現亢進が認められた。雄ラットでは、雌とは異なり、BB投与に伴う腎重量の増大および尿細管上皮の硝子滴沈着が認められた。