クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2014/08
発表テーマ ヒト肝細胞におけるベンゾ[a]ピレン誘導CYP1A1遺伝子発現に対するハーブ成分カバラクトンの影響
会議名 第61回日本栄養改善学会学術総会
主催者 日本栄養改善学会学術総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 神奈川
発表者・共同発表者 慶野 千尋,倉若 美咲樹,浅見 まり子,BuiThi Ngoc Ha,山崎 優子,佐々木 菜穂,志村 二三夫
概要 培養肝細胞を用いてkava抽出物カバラクトンの一種であるデスメトキシヤンゴニン(DMY)と環境化学物質であるベンゾ[a]ピレン(BP)の相互作用について時系列的解析を行った。BP単独では、CYP1A1 mRNA発現量は4時間後に最大となり、6時間後には大きく低下した。BP除去(4時間後)はこの低下を抑えた。DMYとBPの共存下では、2・4時間後にはDMYの影響は認められなかったが、DMYは6時間後の発現量の低下を抑制した。