クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2015/05
発表テーマ Application of hepatic cytochrome P450 (CYP) gene expression as index for safety assessment of herbal supplements
会議名 12th Asian Congress of Nutrition
主催者 Asian Congress of Nutrition
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 神奈川
発表者・共同発表者 倉若 美咲樹,Bui Thi,Ngoc Ha,根本 有実,保芦 瑞穂,佐々木 菜穂,山崎 優子,志村 二三夫
概要 ハーブサプリメントの安全性確保のため、インターネット通販で入手できるサプリメントについて食品添加物の安全性試験の方法を参考に推奨量の100倍量のハーブ製品をラットに8日間経口投与し、肝臓のCYP遺伝子発現への影響を指標とした評価手法を検討した。kava製品を投与したラットでは、肝肥大が起こりCYP1A1の肝遺伝子発現が顕著に増加した。セントジョンズワートは、肝臓重量の増加とともに肝臓CYP3A遺伝子発現を顕著に誘導したが、CYP1A1発現には影響しなかった。