クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2015/09
発表テーマ ハーブ成分カバラクトンの有する環境化学物質様作用の検証
会議名 第62回日本栄養改善学会学術総会
主催者 日本栄養改善学会学術総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 福岡
発表者・共同発表者 藤原 綾子,竹田 美沙希,宮田 花香,舘花 春佳,倉若 美咲樹,端田 寛子,佐々木 菜穂,志村 二三夫
概要 重篤な肝障害の報告があるkava抽出物の中の成分の一種であるデスメトキシヤンゴニン(DMY)の環境化学物質様作用を培養肝細胞を用いて詳しく調べた。DMYとベンゾ[a]ピレン(BP)の同時添加6時間後におけるAhRR(arylhydrocarbon receptor) mRNA発現量はBP単独よりも高値傾向を示し、DMYとの相互作用が推定された。