クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2015/09
発表テーマ ハーブを素材とする健康食品の安全性確保に向けた評価試験方法の提案
会議名 第62回日本栄養改善学会学術総会
主催者 日本栄養改善学会学術総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 福岡
発表者・共同発表者 堀越 結希,畠山 優女,舘花 春佳,倉若 美咲樹,端田 寛子,山崎 優子,志村 二三夫
概要 規格基準を遵守した食品添加物による健康被害は現在はほとんど無いがハーブを素材とする健康食品等による健康被害は少なくない。そこで、数種のハーブ製品を対象に実施してきた動物試験結果に基づき、ハーブを素材とする健康食品の安全性確保に向けた新たな評価法を提案する。この評価法を用いハーブ製品の影響は次の3型に分けられた。(1)肝肥大とともにCYP1A1遺伝子発現を著しく増大。(2)肝肥大とともにCYP2Bまたは3A遺伝子発現を著しく増大。(3)CYP遺伝子発現の増大は軽度。