クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2016/09
発表テーマ 培養肝細胞によるグルコース取込みと糖代謝関連酵素・輸送体の遺伝子発現に対するピルビン酸(Pyr)の作用
会議名 第63回日本栄養改善学会学術総会
主催者 日本栄養改善学会学術総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 青森
発表者・共同発表者 倉若 美咲樹,舘花 春佳,佐々木 菜穂,山崎 優子,志村 二三夫
概要 ピルビン酸は糖質・脂質・アミノ酸の代謝経路の岐路にある重要な中間体であるが、自身がエネルギー栄養素の代謝に与える影響については不明な点が多い。ピルビン酸が糖代謝に関する酵素・輸送体の遺伝子発現に与える影響について細胞レベルで検討した。ピルビン酸はGLUT2、グルコキナーゼ、ピルビン酸キナーゼ、乳酸脱水素酵素等の遺伝子発現を誘導した。