クラワカ ミサキ   Misaki Kurawaka
  倉若 美咲樹
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   職種   助教
発表年月日 2018/05
発表テーマ ラットにおける希少糖継続摂取による馴化が臓器・組織,血液生化学的指標ならびに肝臓P450分子種遺伝子発現へ及ぼす影響
会議名 第72回日本栄養・食糧学会大会
主催者 日本栄養・食糧学会大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 岡山
発表者・共同発表者 山手 美沙,中村 禎子,田辺 賢一,長田 早苗,山崎 優子,倉若 美咲樹,中山 敏幸,志村 二三夫,奥 恒行
概要 D-プシコースやD-ソルボースなどの希少糖の製造技術開発に伴ってその食品への利用は増加しており、今後その摂取は確実に増加することが予測される。そこで、ラットを希少糖含有飼料で3週間継続飼育し、臓器・組織、血液生化学的指標、肝臓P450分子種mRNAなどに及ぼす馴化の影響を観察した。