ナガオ アキヒコ   Akihiko Nagao
  長尾 昭彦
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2008/03
発表テーマ フコキサンチンの生体利用性に対するワカメマトリックス成分の影響
会議名 日本農芸化学会2008年度大会
主催者 日本農芸化学会
学会区分 地方学会
単独共同区分 共同
開催地名 名古屋市
発表者・共同発表者 Yonekura, L., Baskaran, V., Koyama, T. & Nagao, A.
概要 ワカメ粉末とワカメ脂質に含まれるフコキサンチンの生体利用性を精製標品と比較検討した。ワカメ脂質が最も生体利用性が高いことを見いだした。演要旨集 p.281