ナガオ アキヒコ   Akihiko Nagao
  長尾 昭彦
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2006/03
発表テーマ 脂溶性物質のマイクロエマルションへの可溶化とバイオアベイラビリティの評価
会議名 日本農芸化学会2006年度大会
主催者 日本農芸化学会
学会区分 地方学会
単独共同区分 共同
開催地名 京都市
発表者・共同発表者 眞鍋珠美, 田辺創一, 西村敏英, 長尾昭彦, 上野聡, 佐藤清隆
概要 難水溶性物質であるトリステアリンのマイクロエマルションへの溶解量は、ミセルや油層への溶解量と比較して4~20倍に増大すること,マイクロエマルションへ内包させたパルミチン酸はCaco-2細胞単層膜を透過することを見いだした。講演要旨集 p.215