ナグラ ヒデコ   Hideko Nagura
  名倉 秀子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2016/08/29
発表テーマ 栃木県の家庭料理 主食の特徴:-地域の農作物を取り入れた食文化-
会議名 日本調理科学会平成28年度大会,研究発表要旨集p10,名古屋学芸大学,(愛知県)
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 共同
概要 栃木県下の昭和30~40年代の食生活を聞き書き調査し,主食の特徴について明らかにした.山間地域は大麦,ひえ,そば,河川地域では米,大麦,小麦を収穫しており,麦飯,ひえ飯,そばがき,白飯,うどん,すいとんなどを日常食として喫食していた.また,耳うどんや大根そばなどの粉を各家庭で捏ねて、麺類を加工することも頻繁に行われていた.(藤田睦,名倉秀子)