ナグラ ヒデコ   Hideko Nagura
  名倉 秀子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2016/08/28
発表テーマ 埼玉県の郷土餅菓子「塩あんびん」と塩餡の特徴
会議名 日本調理科学会平成28年度大会,研究発表要旨集p76,名古屋学芸大学,(愛知県)
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 共同
概要 埼玉県の北東部の米作地帯において,食塩を加えて餡を調製した「塩あんびん」の喫食がみられる.その郷土餅菓子について,喫食の地域と喫食理由,餡の食塩濃度等を調査した.さらに,塩餡を調製して物性等における特徴を検討した.塩餡は0.7~2.0%の食塩濃度で,練餡と比較すると,色調が白く,硬さ応力が大きく,付着性が低く,まとまりにくく,やや厚めの餅皮で包むことが明らかになった。(名倉秀子,中川杏奈,徳久美歩,横山未来, 芝崎本実,林綾子)