ナグラ ヒデコ   Hideko Nagura
  名倉 秀子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2009/08
発表テーマ 彼岸の行事食の事例研究
会議名 日本家政学会第61回大会研究発表要旨集 155p武庫川女子大学(兵庫県)
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 単独
概要 近年の行事食は,社会的・経済的変化に伴い,実施率の低下がみられている.先祖を祭る行事についても希薄化する傾向にある.その中で,現在実施されている彼岸の行事とその食事について,会津地方の農家の事例から実態を把握することを試みた.春彼岸の方が秋彼岸より御馳走が並び,品数が多く見られた.彼岸期間の7日間は毎日2食,仏壇に食事を供え,中日にはおはぎと団子が供えられた.いずれの料理も,お下がりとして喫食していた.1950年頃の彼岸の家庭食と仏前は同じであったが,今日では家庭食に動物性たんぱく質源の食材があるため,調理する際に工夫がなされていた. 担当部分:調査研究全体を主導し,横山友貴氏の研究を指導した.(横山友貴,名倉秀子)