ナグラ ヒデコ   Hideko Nagura
  名倉 秀子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
発表年月日 2007/08
発表テーマ 正月の行事食にみる動物性食材の20年間の変化
会議名 日本調理科学会平成19年度大会 創立40周年大会研究発表要旨集164pお茶の水女子大学(東京都)
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 共同
概要 正月の行事食に習慣的に用いられてきた食材のうち,動物性食品についてその種類は近年の多様化した食生活により変化していきているのではないかと推察され、その実態を捉える.正月の行事食は20年間で「かに」が加わり、「さけ」が減少する傾向を捉えた.近年では牛肉の減少も見られた.「かまぼこ」「伊達巻き」「鶏肉」は20年間の変動率が低くよく食べられている.担当部分:調査研究全体を主導し,口頭発表を行った. (名倉秀子,大越ひろ,茂木美智子)