ニノミヤ ノリコ   Noriko Ninomiya
  二宮 紀子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 幼児教育学科
   職種   教授
発表年月日 2017/07
発表テーマ The Rhythmic Aspects of Japanese Children Songs  ~Encounter between Japanese and Measure music in Japanese Children Songs~
会議名 Asia Pacific Symposium for Music Education Research 2017
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 HATTEN Hotel in Malaysia
発表者・共同発表者 二宮紀子,桐山由香,岡村弘
概要 (筆頭)
poster presentation
文部省唱歌に始まる子どもの歌は,日本語による歌詞を西洋音楽理論に則って作曲したものである。五線に記譜するということも始めての試みだった。一概に西洋音楽理論と言っても,それは一体何なのか調査したところ,それはMeasure Musicと呼ばれるものであり,示された拍子記号に従った小節の区切りがあり,一般的に4拍子が多く,1拍目に強拍のアクセントをもつという特徴があった。日本語の歌詞を作曲するにあたり,詩としてのリズムを生み出す韻律法とMeasure Musicの書法をどのように適応させたのか,さらにその結果どのようなリズム的側面が子どもの歌に見られるようになったのかを①言葉の配置②韻律③アウフタクトの歌い出し④付点のリズムの観点から分析した。