カトウ アキコ   Akiko Kato
  加藤 陽子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 心理学科
   職種   准教授
発表年月日 2017/09
発表テーマ 「親アイデンティティを規定する要因に関する探索的検討(2)-父親自身の育児行動及び育児ストレスと父親アイデンティティとの関連-」
会議名 日本心理学会第81回大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 久留米シティプラザ
発表者・共同発表者 発表者:山下倫実・石田有理・加藤陽子
概要 本研究では父親を対象に,父親自身の育児行動及び育児ストレスと父親ID との関連を明らかにした。その結果,父親自信の年齢が若いほど,心身の疲労や母親の理解のなさによるストレスが高いほど,父親としての自信を失っていた。また,子どもが生まれる前に育児参加の意思があったほど,そして現実に母親や子どもに対する支援を行なっているほど,親としての効力感を高めていた。母親の理解のなさのストレスが低いこともまた,親としての効力感を高める要因となっていた。最後に,子どもが生まれる前の育児参加意識が低く,実際には母親や子どもに対して支援をしていると評価しているほど,母親の理解のなさによるストレスが高く,心身の疲労のストレスが低いほど,個人IDと親ID が混乱していた。