イシカワ タカシ   Takashi Ishikawa
  石川 敬史
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   准教授
発表年月日 2014/09/27
発表テーマ 戦後移動図書館の成立に関する考察:高知県立図書館を事例として
会議名 第61回日本社会教育学会
学会区分 全国学会
単独共同区分 単独
開催地名 福井大学
概要 戦後日本の移動図書館については,1948年7月に巡回を開始した高知県立図書館の「自動車文庫」が最も早期に開始したとされているが,その背景はこれまで十分に明らかにされていない。本発表では,高知県立図書館「自動車文庫」関係の資料(二次資料,予算書,県議会速記録等)を用いて,発足の背景や理念(目的),戦前の巡回文庫との連続性,実際の活動状況などを明らかにする。同時に,先に発表者が提出した戦後日本の移動図書館史研究における5つの視角(①公開・個人貸出,②移動図書館の形成,③成立,④理念,⑤図書館職員と地域住民)を踏まえつつ,1949年9月に巡回を開始し全国各地に影響を与えた千葉県立図書館の移動図書館「ひかり号」の事例を用いながら,戦後日本の移動図書館の成立を考察した。