ナカオカ カナエ   Kanae Nakaoka
  中岡 加奈絵
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食物栄養学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/08
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 1-alpha, 25-dihydroxyvitamin D3 up-regulates the expression of 2 types of human intestinal alkaline phosphatase alternative splicing variants in Caco-2 cells and may be an important regulator of their expression in gut homeostasis
執筆形態 共著
掲載誌名 Nutrition Research
出版社・発行元 Elsevier
巻・号・頁 46,59-67頁
担当範囲 担当部分:共同研究につき抽出不可能
著者・共著者 Seiko Noda, Asako Yamada,Kanae Nakaoka, Masae Goseki-Sone
概要 小腸型ALPは腸の恒常性維持に関わる。ビタミンDはALP活性を制御する働きを有するが、ALPI遺伝子をコードする2つのalternative mRNA variantにおけるビタミンDの影響については検討されていないため、小腸上皮様細胞に分化するCaco-2細胞を用いて検討を行った。その結果、ビタミンDによりALPI遺伝子から転写される2つのalternative mRNA variantの発現が増強されることが明らかとなった。腸の恒常性の維持において、ビタミンDがALPI遺伝子発現を介した重要な調節因子として機能を果たす可能性が示された。