ヨシダ トオル   Tohru Yoshida
  吉田 亨
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 人間福祉学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1987/01
形態種別 研究論文
標題 高血圧要治療・要管理者の治療および日常生活状況とそれらに影響を及ぼす心理的要因-都内某大学教職員の場合-
執筆形態 共著
掲載誌名 民族衛生
掲載区分国内
巻・号・頁 53巻(1号),3-13頁
著者・共著者 姜 逸群,吉田 亨,川田智恵子,信太佐登子,長谷川吉康
概要 目的:高血圧要治療・要管理者の,治療・日常生活状況を明らかにし,さらに心理的要因との関係を検討すること。
方法:ある職場で,高血圧要治療・要管理とされた全員(325人)を対象に,郵送法による調査を実施。回収率70.5%。
結果:要治療者117人のうち,定期的に通院していたのは71.8%。降圧剤治療者91人のうち,「必ず飲む」者は60.4%。塩分摂取・飲酒・運動状況を見る限り,一般療法が実施されているとは考えがたかった。通院状況との相関が認められた心理的要因は,高血圧の重大性などの保健信念と,家族などの規範信念であった。食塩摂取との相関が認められた心理的要因は,家族の規範信念であった。
結論:治療・日常生活状況には問題が認められ,保健信念や規範信念への介入の可能性が示唆された。
主たる論文執筆者