タケダ ヒロオ   Hiroo Takeda
  武田 比呂男
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/10
形態種別 研究論文
標題 (研究紀要) 因果と〈はぢ〉-『日本霊異記』をめぐって-
執筆形態 単著
掲載誌名 明治大学文学部紀要『文芸研究』
掲載区分国内
巻・号・頁 (第118号),17-35頁
概要 人智を超えた説明不可能な出来事を収集する書物である『日本霊異記』の説話にあらわれる〈はぢ〉(恥・辱・慚愧など)といった感情を示す語について、それがどのような働きをするのか、神話世界での〈はぢ〉の働きを確認したうえで分析し論じた。因果という見えない世界(冥界=超越的世界)との関わりにおいて人々は〈はぢ〉を感じ、善行に赴く様相がみられることから、そうした説話が超越的世界との出会いを語り、修行への階梯を人々に明らかにする役割を示していると結論づけた。A5,