タケダ ヒロオ   Hiroo Takeda
  武田 比呂男
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/05
形態種別 研究論文
標題 古代における庭園—その機能と表現をめぐって—
執筆形態 単著
掲載誌名 『日本文学』
掲載区分国内
出版社・発行元 日本文学協会編集・刊行
巻・号・頁 第52巻(5号),22-31頁
概要 日本の古代の庭園は神祀り・遊宴の場にその起源が求められるように、いわば外部性と触れ合う場・交通の場としての構造を持つが、古代日本が東アジアにおける小帝国を志向する過程で、政治的・文化的装置としての機能を果たすことになった。『懐風藻』の新羅遣使饗宴の詩文などをもとに、詩文も庭園も、またそれを支える神仙思想も東アジア世界参入へのメディアの役割を負い、古代の表現世界を織り変えていった様子を概観した。A5、