タクラ アキラ   Akira Takura
  田倉 昭
   所属   十文字学園女子大学  社会情報デザイン学部 社会情報デザイン学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/11
形態種別 研究論文
標題 連結グラフを考慮するコンカレントシステムの状態生成手法
執筆形態 共著
掲載誌名 信学会コンカレントシステム研究会
掲載区分国内
巻・号・頁 CST95-11,9-16頁
著者・共著者 上田佳寛、田倉昭、太田理。
概要 離散事象システムの検証にとっては、可達性の検証が有効とされているが可達性の確認は計算量的に不可能であるといわれている。それは、現状の可達性解析が状態木を生成するという総当たり的な手法をとっていることによる。しかし、実際のシステムに存在する状態の多くは連結したグラフ構造をなす状態の独立した組合せで成り立っている場合が多い。本稿では、その連結グラフのすべてを求めることがすべての状態を求めることと同値であり、かつ状態遷移木を作成する状態生成手法より低コストの計算量で行なえることを離散事象システムの一つである通信システムを例に提案する。