ナカムラ サダコ   Sadako Nakamura
  中村 禎子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/05
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 Dietary feeding of fructooligosaccharide or glucomannan delays onset of senescence in SAMP8 mice.
和訳:老化促進モデルマウス(SAM)P8を用いたフラクトオリゴ糖またはグルコマンナン継続摂取による老化発症遅延効果.
執筆形態 共著
掲載誌名 Gastroenterology Research and Practice 2014, Article No. 303184. [open access].
掲載区分国内
著者・共著者 Nakamura S, Kondo N, Yamagichi Y, Hashiguchi M, Tanabe K, Ushiroda C, Kawahashi-Tokuhisa M, Yui K, Miyakoda M, Oku T.
概要 老化促進モデルマウスSAMP8を難消化性糖質含有飼料で飼育した結果,SAMP8の老化に特徴的な学習・記憶障害の発症が遅延することを明らかにした。その要因として,難消化性糖質摂取による腸内細菌叢の変化と炎症性サイトカインおよび酸化外レスマーカーの抑制が関連していることが明らかにした。