ナカムラ サダコ   Sadako Nakamura
  中村 禎子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 食品開発学科
   十文字学園女子大学大学院  研究科 食物栄養学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/04
形態種別 学術書
標題 Inhibitory effects of the phytochemicals partially hydrolyzed alginate, leaf extracts of Morus alba and Salacia extracts, on dental caries.
和訳:植物由来化学成分であるあるぎんさん分解物,桑葉抽出物,サラシア抽出物のう蝕誘発抑制へ及ぼす影響 
In: Contemporary approach to cariesology, Ed. Li MY.和訳:書籍タイトル:う蝕に対する統合的アプローチ,Li MY編集.(査読付)
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 In: Contemporary approach to cariesology,In Tech, Croatia.
巻・号・頁 224-240頁
著者・共著者 Oku T, Nakamura S, Hashiguchi M.
概要 植物から抽出されるエキスには,小腸粘膜二糖類水解酵素に対する阻害作用とう蝕菌由来のグルコシルトランスフェラーゼに対する阻害作用の双方を持つものがある。桑葉エキス末とサラシアエキス末はこれらの作用を併せ持っている。これらの植物由来のエキス末を用いて,in vitroにおける実験ならびに実験動物を用いたin vivo実験を行った結果,う蝕の誘発抑制に対してはin vitroの結果とin vivoの結果が必ずしも並行しないことを明らかにし,その要因について検討した。