アカマ エツコ   Etsuko Akama
  赤間 恵都子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/02/28
形態種別 研究論文
招待論文 招待あり
標題 『枕草子』の秋の情景―後宮文化を照らす月ー
執筆形態 単著
掲載誌名 国文目白
掲載区分国内
巻・号・頁 (60),26-35頁
総ページ数 10
著者・共著者 赤間 恵都
概要 『枕草子』の秋の場面を取り上げ、何が描かれているかを検討していく中で、特に月が出ている場面に注目した。月が描かれる場面は中関白家栄華期には見られない。そこには「有明の月」と「明かき月」が多く描かれており、月の漢詩を詠じる貴族たちの姿が度々見える。このことから、『枕草子』の秋に輝く月光は、表舞台に立てなくなった定子後宮を照らす王朝の光として機能していたのではないかと考察した。