アカマ エツコ   Etsuko Akama
  赤間 恵都子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/09/30
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 『枕草子』職御曹司章段と王朝文化
執筆形態 単著
掲載誌名 日本文学研究ジャーナル
掲載区分国内
出版社・発行元 古典ライブラリー
巻・号・頁 (15),102-115頁
総ページ数 14
概要 『枕草子』の日記的章段の中で、中関白家没落期に位置する職御曹司時代の章段を取り上げ、そこで扱われている王朝文化に注目する。中関白家栄華期の章段に描かれていた村上朝と円融朝の文化が職御曹司時代の章段にも描かれ、一条朝において中関白家が先帝文化を模範とし独自の後宮文化を作り上げようとしたこと、その具体的な役割を清少納言が定子後宮で担っていたこと等について考察し、摂関政治下における『枕草子』執筆の目的について論じた。