アカマ エツコ   Etsuko Akama
  赤間 恵都子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/02
形態種別 研究論文
標題 古代文学における蜩の歌と「まつ」―『枕草子』の郭公をめぐる会話から―
執筆形態 単著
掲載誌名 十文字学園女子大学短期大学部研究紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 第44集,182-192頁
概要 中国文学の蝉の詩が日本の漢詩や万葉集にどのような影響を及ぼしたか、また日本的な特徴は何かを分析した。そして古代日本文学で特に蜩が多く詠まれることから、平安文学における蜩と「まつ」の関係を検証し、『枕草子』の一つの解釈を提唱した。