カトウ アキコ   Akiko Kato
  加藤 陽子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 心理学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/04
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 父親アイデンティティを規定する要因に関する探索的検討
執筆形態 共著
掲載誌名 十文字学園女子大学紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 49,13-25頁
著者・共著者 山下倫実・石田有理・加藤陽子
概要 本研究は、夫婦から家族へと関係性が移行する時期と考えられる第1子誕生後の父親を対象として、父親アイデンティティの獲得に育児ストレスおよび育児行動の自己評価が与える影響を探索的に検討した。
100名を対象にWEBにてアンケート調査を実施したところ、父親のアイデンティティが3因子構造であることが確認され、「親としての自信のなさ」「親としての効力感」「自己優先的な親役割」という因子が得られた。また、育児ストレスの中でも「母親の理解のなさ」及び<心身の疲労」が父親の親としての自信を低下させることがわかった。また、育児行動を頻繁に行っていることが父親IDの獲得に影響するが、その影響は育児ストレスや育児に対する心構えに左右されることが明らかとなった。