カトウ アキコ   Akiko Kato
  加藤 陽子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 心理学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/03
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 育児ストレスが母親アイデンティティに及ぼす影響に関する予備的検討―父親の育児行動に対する評価に着目して―
執筆形態 共著
掲載誌名 十文字学園女子大学人間生活学部紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 47,25-36頁
著者・共著者 山下倫実・加藤陽子・石田有理
概要 本研究の目的は, 3 歳未満の幼い子どもをもつ母親が親としてのアイデンティティを獲得していく過程で,育児ストレスと父親の育児行動がどのように関与するのかを予備的に検討することであった。Web調査の結果,父親が子どもや母親に対して育児行動を頻繁に行なう場合,母親の育児不安が低くなるほど母親は親としての効力感を高めることがわかった。また,父親が母親への支援を行なう場合,父親の支援のなさによるストレスを感じるほど母親の親としての効力感は高まることが示唆された。