ホシノ ユウコ   Yuko Hoshino
  星野 祐子
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/03
形態種別 研究論文
標題 『月刊食道楽』における外来語の機能―明治末期と昭和初期に刊行されたグルメ雑誌を資料にして―
執筆形態 単著
掲載誌名 『十文字学園女子大学紀要』
掲載区分国内
出版社・発行元 十文字学園女子大学
巻・号・頁 47,91-103頁
概要 グルメ雑誌の先駆けである月刊『食道楽』を対象に、明治末期、昭和初期の外来語の使用について言及した。明治期『食道楽』での外来語の取り入れ方は、パターンが確立されておらず、形式に原語の名残がみられる場合も多かった。和語と外来語の結合も違和感のあるものも多い。昭和期『食道楽』では、明治期の模索の時期を経て、外来語の使用が一層戦略的になった。文脈の助けを受け、皮肉や滑稽さの伝達に外来語が効果的に使われるようになった。ここに、外来語の使いこなしが認められる。