トリゴエ シンゴ   Shingo Torigoe
  鳥越 信吾
   所属   十文字学園女子大学  社会情報デザイン学部 社会情報デザイン学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/03
形態種別 研究論文
標題 総合誌にみる連字符社会学研究の主題動向:「連字符単数」と「連字符複数」という視点から
執筆形態 共著
掲載誌名 『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』文部科学省科学研究費成果報告書
掲載区分国内
出版社・発行元 文部科学省科学研究費成果報告書
巻・号・頁 37-60頁
著者・共著者 (早稲田大学 那須壽代表)大黒屋貴稔,鳥越信吾
概要 上述した4の論文と同様のパースペクティブ・方法のもとにある論文。ただしこの論文では、特に家族社会学や都市社会学などのいわゆる「連字符社会学」の動向に焦点化し、より精緻な分析を行なった。検討の結果、戦後日本の社会学研究は、戦後すぐには「家族社会学」「農村社会学」が主流となっているが、時代を追うにつれ「国際社会学」や「社会福祉」「ジェンダー」などが主流を占めるようになるという傾向にあることが明らかになった。
・ 総24ページ