(最終更新日:2020-04-06 11:09:39)
  コザカイ ルミ   Rumi Kozakai
  小坂井 留美
   所属   生涯スポーツ学部 健康福祉学科
   職種   教授
■ 職歴
1. 2006/08~2009/03 国立長寿医療センター 疫学研究部 予防疫学研究室 室長
2. 2009/04~2012/03 University of Jyväskylä, FINLAND. Gerontology Research Center Visiting Researcher
■ 学位等
1. 1994/04~1996/03 愛知教育大学大学院 教育学研究科 保健体育専攻 修士課程修了 修士(教育学)
2. ~2005/05 名古屋大学大学院 医学系研究科 健康社会医学専攻 博士課程修了 博士(医学)
■ 資格・免許等
1. 1998/10 健康運動指導士
■ 専門分野
健康・スポーツ科学, 生活科学 (キーワード:加齢・老化、心身の健康、ライフスタイル、運動処方) 
■ 所属学会
1. 1995/04~ 日本体力医学会
2. 2000/01~ 日本老年医学会
3. 2008/10~ European College of Sports Science
■ 著書・論文等
1. 論文  Age-related changes in physical fitness among community-living middle-aged and older Japanese: A 12-year longitudinal study Research Quarterly for Exercise and Sport  (共著) 2020/02
2. 論文  Grip strength and healthy aging Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 6(3),pp.145-149 (単著) 2017/05
3. 論文  Sex-differences in age-related grip strength decline: A 10-year longitudinal study of community-living middle-aged and older Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 5(1),pp.87-94 (共著) 2016/03
4. 論文  Mobility limitation as a predictor of inpatient care in the last year of life among community-living older people Aging Clinical and Experimental Research 25(1),pp.81-87 (共著) 2013/04
■ 学会発表
1. 2019/09/21 北海道在宅高年齢者における死亡・要介護認定状況と社会活動性の関連(第74回日本体力医学会大会)
2. 2019/07/04 Aspects of stories about physical activity in childhood among older women in Japan: a text mining approach in life history(The 24th Annual Congress of the European College of Sports Science)
3. 2018/09/08 北海道在宅高年齢者における認知機能の2年間の変化と運動能力との関連(第73回日本体力医学会大会)
■ 教育上の能力に関する事項
●作成した教科書、教材
1. 2015/01 身体サイズ 「人間科学の百科事典(日本生理人類学会編)」丸善出版
2. 2018/09 3訂版 運動生理学の基礎と発展 春日規克編著 10章 運動と加齢
■ 職務上の実績に関する事項
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/07~ 国立長寿医療研究センター疫学研究部「老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」における調査研究