コミヤマ ユタカ
  小宮山 豊
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1998/07
形態種別 総説
招待論文 招待あり
標題 血小板・凝固因子と動脈硬化
執筆形態 共著
掲載誌名 臨床病理
掲載区分国内
巻・号・頁 46,678-683頁
著者・共著者 小宮山豊、高橋伯夫
概要 活性化凝固因子測定法、特に第XI因子系や血小板表面蛋白発現が動脈硬化性疾患の重症度に応じ増加を解説(活性化第XI因子の測定と患者の選定および考察を担当した)