コミヤマ ユタカ
  小宮山 豊
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1995/08
形態種別 学術論文
標題 Evaluation of factor XIa-α1antitrypsin in plasma, a contact phase activated coagulation factor-inhibitor complex, in patients with coronary artery disease
執筆形態 共著
掲載誌名 Artero Thromb Vasc Biol
掲載区分国外
巻・号・頁 15,pp.1107-1113
著者・共著者 Takashi Murakami, Yutaka Komiyama, Midori Masuda, Masahiro Karakawa, Toshiji Iwasaka, Hakuo Takahash
概要 動脈硬化性疾患の一つとして冠状動脈疾患を取り上げ、その重症度を1指病変から3指病変まで分類し、その病変の広がりに相関して活性化第XI因子レベルが上昇することを証明(大学院生の村上が実施したACSでの活性化第XI因子測定とその解析試料の集積および結果解析の指導を担当)