コミヤマ ユタカ
  小宮山 豊
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/12
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 CK-MB/T-CK比の異常高値を示唆される大理石骨病のー症例
執筆形態 共著
掲載誌名 臨床病理
掲載区分国内
巻・号・頁 45,1197-1200頁
著者・共著者 伊藤 浩一、小宮山豊、見谷君子、小川昇、江川宏、高橋伯夫
概要 当初無症候性といわれたCK-MB/T-CK異常高値例でのコンサルトがあり、CK測定系の見直しと詳細な臨床所見を採ることで、大理石骨病を内在していることを発見し報告した。(検査部の伊藤がCK-MBによる異常反応を解明するための手法を開発し、論文執筆指導を担当)