コミヤマ ユタカ
  小宮山 豊
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2005/01
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 A novel endogenous digitalis, telocino- bufagin, exhibits elevated plasma levels in patients with terminal renal failure.
執筆形態 共著
掲載誌名 Clin Biochem
掲載区分国外
巻・号・頁 38,pp.36-45
著者・共著者 Komiyama Y, Dong XH, Nishimura N, Masaki H, Yoshika M, Masuda M, Takahashi H
概要 ヒト血中に存在する内因性ジギタリスを探索し、ウアバインとは別の分子種であるブファジエノライドに属するテロシノブファギンが内因性ジギタリスの候補であることを、質量分析やNMRなどの機器分析で明らかにし、さらに臨床応用として末期腎障害で上昇することを示した。(ヒト血液中のブファディエノライド分子種のLC/MSによる解析を担当し、他の機器分析とともに、腎排泄との関係の証明を担当し論文執筆も担当)