コミヤマ ユタカ
  小宮山 豊
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/02
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 Letter to Editor『Functional assayの陰性化を待ち、ヘパリン再投与が可能となったヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia)既往血液透析の1症例』(乾恵美 他)の論文(透析会誌 49:279-283、2016)について
執筆形態 共著
掲載誌名 透析会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 50(2),167-170頁
著者・共著者 乾恵美、小宮山豊、他
概要 松尾武文からのfunctional assayの役割としてスクリーニングの段階で用いるのはいかがなものかとの指摘に、我々の本意がそうでなく、人工心肺使用時など特殊な症例を中心に、臨床所見とHIT抗体所見が不一致の場合は、より疾患特異性が高いfunctional assayを使用して判定することの重要さを指摘したことを述べるとともに、本症例では、その結果として安全に透析再開が可能となったことを指摘した。