サトウ ヒアキ
  佐藤 妃映
   所属   医療保健学部 医療技術学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)におけるDNA メチル化の解析
執筆形態 共著
掲載誌名 日本臨床細胞学会岡山県支部会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 29,22-23頁
著者・共著者 佐藤妃映、吉野 正
概要 悪性リンパ腫や白血病の発症には、エピジェネティクス制御機構の異常が深く関与しており、中でもDNA異常メチル化に着眼した。癌抑制遺伝子等のある特定な遺伝子のプロモーター領域のCpGアイランドにDNA異常メチル化が起こると、ゲノムの不安定性やGene-silencingを誘導して発癌に寄与すると報告されている。
成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)は、急性型・リンパ腫型・慢性型・くすぶり型に分類され、HTLV-1感染後長い潜伏期間を経て発症する非常に予後不良の疾患である。この多段階発癌機構の解明を目的として、DNA異常メチル化の解析を行なった。
100症例以上のHTLV-1キャリアとATLLの各病型において、8つの遺伝子(SHP1, p15, p16, p73, hMLH1, MGMT, HCAD, DAPK)のCpG アイランドのメチル化の有無をmethylation specific PC(MSP)を用いて検討した結果、HTLV-1キャリアからATLLの発症には、特定遺伝子群のDNA異常メチル化が関与していること明らかとなった。さらに、予後との関連について検討したところ、DNA異常メチル化が独立した予後因子に成り得ることが示された。