ヨシダ タクヤ   Takuya Yoshida
  吉田 琢哉
   所属   教育学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2022/10
形態種別 研究論文 
査読 査読あり
標題 教員の認知する地域連携におけるチームワークと学習動機づけおよび学級適応感との関連
執筆形態 共著
掲載誌名 心理学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 93(4),300-310頁
担当範囲 問題と目的,方法,結果,考察(10頁)
担当区分 筆頭著者
著者・共著者 吉田琢哉・吉澤寛之・浅野良輔・玉井颯一
概要 地域連携が重視される今日の小中学校では,教員には保護者や地域住民をも含めたチームワークが求められる。しかし現状では,地域連携におけるチームワークが子どもにどのような教育効果をもたらすかについて実証的な知見が乏しい。本研究では学級担任教員の認知する地域連携におけるチームワークが,学級における社会的目標構造を媒介して,子どもの内発的動機づけおよび学級適応感に及ぼす影響を検討した。小学6年生と中学3年生の児童生徒2,225名および教員235名を対象に調査を実施した。マルチレベル共分散構造分析による分析の結果,教員の認知する地域連携におけるチームワークは,学級における社会的目標構造を媒介して内発的動機づけおよび学級適応感を促進することが示された。本研究の結果より,地域連携におけるチームワークは子どもが安心して過ごすことのできる学級環境を醸成するうえで重要であることが示唆された。