ヨシダ タクヤ   Takuya Yoshida
  吉田 琢哉
   所属   教育学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/12/30
形態種別 研究論文 
査読 査読あり
標題 社会化エージェントが社会的認知バイアスに及ぼす影響―親の養育,教師の指導,友人の非行,地域の集合的有能感を指標とした検討―
執筆形態 共著
掲載誌名 教育心理学研究
掲載区分国内
出版社・発行元 日本教育心理学会
巻・号・頁 67(4),252-264頁
総ページ数 13
担当範囲 問題と目的,方法,結果,考察(10頁)
担当区分 筆頭著者
著者・共著者 吉田琢哉・吉澤寛之・浅野良輔・玉井颯一・吉田俊和
概要 本研究では,親,教師,友人,地域住民という複数の社会化エージェントの働きかけが,子どもの反社会的行動の規定因である社会的認知バイアスに及ぼす影響について検討した。1404名の小中学生とその保護者を対象に調査を実施した。共分散構造分析による分析の結果,地域住民の集合的有能感は親の認知する養育,子どもの認知する養育,および教師の指導を介して社会的認知バイアスを抑制し,子どもの認知する親の養育と教師の指導,そして友人の非行は社会的認知バイアスに直接的に影響するとのモデルの適合性が示された。