ヨシダ タクヤ   Takuya Yoshida
  吉田 琢哉
   所属   教育学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 研究論文(大学,研究機関等紀要)
標題 対人葛藤直面時において制御焦点および関係目標が対処方略の選択及びその効果に及ぼす影響―関係の志向性と接近性の2次元から関係目標を捉える試み―
執筆形態 単著
掲載誌名 東海学院大学紀要,
掲載区分国内
巻・号・頁 7,215-222頁
総ページ数 8
概要 対人ストレスに直面した際のコミュニケーションについて、自己制御のパターンとしての「制御焦点」が関係目標および葛藤対処方略の選択に及ぼす影響を検討した。促進焦点型の自己制御も予防焦点型の自己制御も、ともに関係志向目標に正の影響を及ぼし、協調方略の選択を促すことで効果的な対処の認知につながるという関連が見い出された。本研究から得られた知見は教員間でのコミュニケーションのあり方について有益な示唆を与えると考えられる。