オオヤブ モトヤス   OYABU Motoyasu
  大藪 元康
   所属   人間福祉学部 人間福祉学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 社会福祉養成課程課程における帰納的学習に関する試論
災害ソーシャルワークの学習を例に
執筆形態 単著
掲載誌名 教育実践研究
掲載区分国内
出版社・発行元 中部学院大学・中部学院大学短期大学部
巻・号・頁 4,221-226頁
総ページ数 5
著者・共著者 大藪元康
概要 社会福祉士養成課程において、災害発災時における社会福祉士の業務と役割については十分に理論化されておらず、教材開発されていない。
 社会福祉援助技術としてまだ十分確立していない「災害ソーシャルワーク」について、社会福祉士をめざす4年生が、帰納的学習に取り組んだ。東日本大震災の被災地において社会福祉士がどのような活動を行ったか、というインタビューに基づき、KJ法による整理を行い、社会福祉士の役割について検討を行った。
 その結果、社会福祉援助技術についての学びが深まっていても、大規模災害時の状況について学生が十分に知識を持っていないと、社会福祉士の役割について検討することが難しく、大規模災害に関してどのように伝えていくかが課題であることが明らかとなった。